cant.air-nifty.com > 山中湖の巨木探し

ジゾウカンバ(カバノキ科)
ぶな(ブナ科)
ズミ(バラ科)
アオナシ(バラ科)
ケヤキ(ニレ科)
寿徳寺のイチョウ
ハルニレ(ニレ科)
岬のぶな(村指定天然記念物)
お旅所のナラカシワ(村天然記念物)
コゴメヤナギ(ヤナギ科)
岬の桂(カツラ科)
辛夷(こぶし)モクレン科
ハリモミ(マツ科)トウヒ属
ブナの巨木調査
サンショウバラ

<< 前 | トップページ

サンショウバラ

サンショウバラ

山中湖村のシンボル 花「サンショウバラ」
富士、箱根地方の一部にだけ見られる希少種で、小葉が多く、サンショウに似ていることから和名がつきました。
 バラ科バラ属では、最も大きくなり、幹は淡褐色の落葉小高木です。
 ねばり強く折れにくい幹、そして梅雨の季節に咲く淡紅色の大きな花は、日本一の富士山と、山中湖にふさわしく、村の花に選ばれました。
 フジアザミ、フジザクラ、フジハタザオ等と共に、フォッサマグナ要素の植物として学術的にも貴重フォッサマグナ地域に限って分布するものです。

固定リンク