cant.air-nifty.com > 山中湖の山野草(現在210種)

オオマツムシグサ(サトイモ科)テンナンショウ属

オオマツムシグサ(サトイモ科)テンナンショウ属

山地の木陰などに生える多年草。花は「仏炎苞」と言われる筒状の内部のつけ根にあるので見ることが出来ない。
茎の模様が蛇のマムシの皮の模様に似ていることから、この名前がつけられたという。