cant.air-nifty.com > 山中湖の山野草(現在210種)

チョウセンゴミシ(マツブサ科)マツブサ属

チョウセンゴミシ(マツブサ科)マツブサ属

東京大学富士演習林

落葉蔓性の木本で蔓は左巻き。
葉は互生、縁に鋸歯がある。雌雄異株で花は垂れ下がって付く。
花被片は6〜9個で黄白色、球形の液果は房状につき、熟すと紅色になる。
果実は甘味、苦味、酸味、辛味、渋味の5つの味がある事から五味子と呼ばれ古来から薬用として利用されている。